城彰二 プロフィール
城彰二
じょうしょうじ
JO SHOJI
元サッカー日本代表FW
現サッカー解説者
生年月日:1975年6月17日
出身:北海道室蘭市
身長:179cm
資格:日本サッカー協会S級ライセンス
趣味:ゴルフ・スノボー
城彰二 写真

< 経歴 >

中学生の時に北海道から父親の出身地である鹿児島県へ帰省
1991~1994年、鹿児島実業高等学校サッカー部在籍(2年先輩に前園真聖がいた)
高校3年時の第72回高校サッカー選手権大会でベスト4入り
高校卒業後の1994年、Jリーグのジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)に入団
デビュー戦から4試合連続ゴールを挙げ、Jリーガーとして、たちまち世間の注目を集める
1997年、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に移籍し、チームの中心選手として活躍
2000年1月、念願の欧州リーグに挑戦、スペインのリーガ・エスパニョーラ1部バリャドリードへレンタル移籍
在籍中2得点を挙げるなど、レギュラーとしてチームに貢献したが、シーズン終了後、2001年に横浜F・マリノスに復帰
2002年にヴィッセル神戸、2003年にJ2の横浜FCへと移籍
2006年には主将として三浦知良とツートップを組み、クラブ初のJ1昇格を決めた
しかしこの年の12月2日、愛媛FC戦を最後に13年に渡る現役生活に幕を閉じた

< 日本代表 >

ジュニアユース、ユース代表と活躍後、1996年にアトランタオリンピック代表として、「マイアミの奇跡」と呼ばれるブラジル戦勝利に貢献した
1997年、日本A代表のメンバーとして、フランスW杯アジア最終予選では、チームの窮地を救う同点ゴールを決め、W杯悲願の初出場に貢献した(ジョホールバルの歓喜)
1998年、日本代表エースストライカーとしてフランスW杯に出場

< 現在 >

日本テレビ「サッカーアース」にレギュラー出演中。サッカー解説者として、日本代表戦、高校サッカー、クラブワールドカップ、WOWOW「リーガ」等の番組で活躍中
日本サッカー協会アンバサダー、Jリーグ百年構想メッセンジャーに任命され、各種広報活動に参加
朝日新聞サッカースクール/JFAキリンスマイルフィールド講師(東北地方復興支援)/日本サッカー協会夢先生
サッカー普及のため、講演活動で公共団体や企業を訪問する傍ら、自身主催フットサルイベント「JO-CUP」を企画し、全国各地で開催中
現在は、2013年秋に開校したインテルアカデミージャパンのスポーツディレクターとして活動中